スポンサーサイト

Posted by ゆき on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さーちゃん誕生!  ~入院一日目~

Posted by ゆき on 07.2010 育児   0 comments   0 trackback
忘れないうちに、さーちゃんの出産体験記?を書いておこうかと。
お暇な方だけどうぞ~。


1日目

金曜日だったので、姉と義兄、姪っ子、しーと私の5人でサイゼリヤに夕飯を食べにいく。
食べ終わって車に乗り、やがて家について車から降りるときに、なんかちょろっとでたような・・?
に、尿漏れ?の可能性もあるので、しばらく様子をみることに。
すると、大量ではないけれどやっぱりなにか出てる。下着もぬれてる。
その日は夜に旦那が来る日だったので、旦那が来た後念のため病院へいくことにした。

旦那が夜9時ごろ実家についたので、病院へ連絡し出発。
実は昼間の健診で、いつ産まれてもいいようなことを言われていたので、もしかして・・の
期待と不安が入り混じったような変な気持ち。

夜間救急の待合室で待つこと20分。(忘れられたのかと思った(汗)
看護士さんに車椅子!に載せられて、まずは病棟の内診室へ。
助産師さんが内診してくれた結果、「破水してますね。入院してください」
おお。やっぱり破水だったのね。上のほうが破れたらしく、大量にはでてこない。
そのまま入院の手続きをし、陣痛室でモニター(NST)をやることになった。
旦那も一緒にいたんだけど、約40分のモニター後も陣痛はこなかった。
波形はちゃんと山になって、陣痛はきているようだが、痛みが全然こない。
「まあ、じっくり待ちましょう」とのことで、今日は就寝することになった。
NST中、しーんと静まり返るなか、時折妊婦さんの「うぎゃあああああ!」の声が響く。
それが本当に悲鳴で、聴いているこちらがブルブルしてしまうような声。
更に不安が増してきた。

入院は個室を希望したのだが、空いてないという事で二人部屋を一人で使うことに。
ラッキーと思ったが、明け方もう一人が入院してきた。
旦那様?と小声で話しているのを聴く限り、先ほど出産された方のようだ。
すると、あの悲鳴の持ち主か?
バタバタされていたので、すっかり目が覚めてしまい、朝までゴロゴロしていた。
スポンサーサイト

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiandshi.blog99.fc2.com/tb.php/35-c94ded3e

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
姉妹のママです。
毎日が戦争です!

北欧雑貨が好きで、少しずつ集めています。

おうちを建設中です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

いくつになったの

いくつになったの

ブロとも申請フォーム

ブログに降る雪

FC2アフィリエイト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。